月別アーカイブ: 2016年6月

個人事業主になってお金に困った事

現在、個人事業主を数年目でなんとかやっております。

ですが、毎年確定申告後の所得税の支払いが4月に1年分発生して、毎回資産を減らさずにどうやって払おうかという悩みが出てきます。

このような商売上常に資産を減らさずに運営していかないと、いざというときに払えなくなる心配性がある為です。
※他来る月は異なると思いますが、住民税や国民年金、国民健康保険も同様です。

もともと、毎月の売り上げから退避しておけば良いということではあるのですが、やはり日々上がる税金類や生活用品の高騰、想定外の外回りでお客様との打ち合わせをした際に発生する交通費、とそううまくやれないというのと、収入が不安定であるというのが原因だと考えております。

根本対策は、税金類の支払いを気にしなくて良いくらいの所得を得られるようになればいいのでしょうが、現実的にはこのご時勢、人件費は簡単に上がらなくなっているので物量を増やすというのが1つだと思います。

しかし増やしすぎて病気などになっては結局支払いばかり増加することになりえます。

小さいことかもしれませんが、税金の勉強をして個人事業主の特権でもあると思います。
ある程度のものをなんでも経費計上するテクニックを身に着けなければならないのではないでしょうか。

経験豊富の先輩方に意見を聞くと、結構なものを経費計上して所得を小さくしているようでした。

もうひとつ大きいのが国民健康保険じゃない他のものに所属するというのもあるようです。

自分もこれを見習わなければいけないと思わされた瞬間でもありました。
日々勉強が必要だと痛感しました。

個人事業主になってから、何回がピンチになったときがあります。取引先への入金が出来ずに、本当に困りました。
銀行からお金を借りようとしたんですが、個人事業に場合は銀行からも簡単に借りれません。

このときは結局、事業主専用のローン会社(個人事業者ローン)から借りる事が出来、どうにかなりました。

自分で会社を経営していくのは本当に大変だなと痛感している今日この頃です。

男性より女性のほうが出費が多い

男性より女性のほうが出費が多いと感じます。

子供ができれば、子供にお金をかけることでまた別の出費が出ますが、それも女性のほうが出していると思います。
男性が率先してお金をだすことはあまり見たことがありません。
家庭の財布を握るのは主婦という家庭が多いからなのかもしれません。

しかし、私の家庭は共働きでもちろん夫のほうが給料は上です。
しかし、毎月の支払いを考えると夫は息子の保育料、賃貸代、自分の支払い、私は自分の支払い、水道光熱費、食費、日用品という仕分けになり夫は一回で終わりますが、私の場合は日々金額が変わるものでしかも無限です。

給料が夫よりももらっていない私は、毎月毎月ギリギリの生活をしているか親にお金を貰って生活する月もあります。
しかし毎月毎月親に頼ることもできませんので、そんな時には主婦でも借りられるローンを利用します。
《※主婦ローン

育休は二ヶ月に一回の給付です。息子には申し訳なかったですが出かけることを少なくしてお金の支出を出さないようにしていました。
それでもオムツやミルクにお金がかかりほぼマイナスでした。

夫と相談してどうしようもないとき、家電や着ない服など売れるものはすべて売ってお金を増やしていました。
車のタイヤも売りました。12,000円と多く助かりましたが支出のほうが多いのですぐなくなりました。

今この文章を打ってよくここまで生活できているなと思います。
今年の4月から仕事に復帰しましたが息子が熱を出すと保育所から呼ばれ病院へと仕事を途中で行かなくてはならず回りに迷惑かけてしまうこと、熱が続くとその分私も仕事を休まなくてはならないので給料が減ります。
仕方がないことではありますが正直生活するには厳しいです。

周りの家庭はどのように過ごしているのでしょうか。むしろ夫のみの給料で生活できている家庭に聞いてみたいです。節約とかしているのでしょうか。
毎月ギリギリの生活をしているので、副業としてネットでの作業をして少しでも稼げればと思い毎日こつこつと頑張っています。
お金は大事です。